読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろしまspread 広島から小さな情報発信

日々のニュースや広島のニュース・出来事を広島人目線で発信します。ときにはネットのビジネス・マーケティングのお話も。そして広島弁で呟き、つっこみます。

米軍機墜落の一報で考えること

f:id:fakediver1:20160922183303j:plain

沖縄本島東の沖合いで米軍機が墜落とのニュースが。

はて?どんな機種だろうと思っていたら、AV8B

ハリアーだったのですね。

 

幸いと言っては不謹慎かもしれませんが、島内に

墜落しなくて本当に安心しました。

 

このAV8Bハリアー

f:id:fakediver1:20160922183812j:plain

 

これですが、よく映画にも出てきます。

アーノルド・シュワルツェネッガー

トゥルーライズ」にも出ていました。

 

所属はアメリカ海兵隊で、広島のお隣山口県

岩国基地にも配備されております。

 

このハリアーですが、まず事故率が高い事で

有名です。操縦が難しい、整備も難しいとも

言われております。

 

もともとはイギリスが開発した戦闘攻撃機ですが

アメリカが採用し改造した機種です。

 

イギリスでのハリアーの事故も多く、フォークランド

紛争の時に失ったハリアーは戦闘以外に事故も多か

ったみたいです。

 

少し古いデータですが、米軍全飛行機の事故率を

10万飛行時間に換算した場合には、6,76という高い数字が出ており、ワースト2位でした。

 

海兵隊だけで絞るとこちらも2位ですが、1位は

F-4(ファントム)という古い機種ですから

実質1位でしょうね。

 

ちなみに話題のオスプレイは、現機種のMV22

であれば1,93という低い数字でした。

 

まぁこの話は揉めるのでやめておきます。

とにかく事故率の高い機種がまだ沖縄やこちら

岩国でまだ飛んでいるのが怖いですね。

 

オスプレイうんぬんより、もっと事故率の高い

機種が飛んでいる現状をもっと報道すべきだと

思う今日この頃です。

 

ちなみに岩国基地のAV8BはF18とともに

来年までにはF35に更新されるという事なので

近隣は安心かもしれません。

 

AV8BもF18も音がうるさくて有名な機種

ですから、これまでよりは安心と騒音問題が

少し解消するかと思います。

 

これ以上の事故が無いように運用をしっかりして

欲しいと願うばかりです。